看護師もPCスキルは必須になる

看護師の仕事は、患者さんをケアすること。病棟でも外来でもこのケアするという基本的な業務は変わりません。しかし看護師は実施したことを記録に残すという義務があります。そこで私たちは各患者カルテに記載をしなければならないのです。今も多くの病院で紙カルテが使用されています。しかし最近では電子カルテを導入しているところも多く、その電子カルテを使いこなすためには看護師もPCスキルを持っておくことが大切です。そこで必要になるスキルが文章のタイピング技術です。

また看護師はケアを行う前に、医師の指示を確認することもあります。この患者の禁止事項は何か、オーダーはあるのか、薬は何が出ているかといったこと。このようなことを確認するためにも、PCスキルがあるとパソコンで電子カルテを操作して、すぐに確認できるのではないでしょうか。また看護師をしていると、新しい薬や新しい機材を見ることもあります。そのようなものを知らずに使用するのは危険があります。あらかじめしっかりと調べてから使うのが基本です。そのような時にもPCスキルがあるとすぐに調べたり自己学習することが可能です。

更に看護研究に参加した時には、実施した内容の統計をとったり、分析をしたりしなければいけません。そのような時にもPCスキルは必要になります。また発表をする時には、パワーポイントなどを使用することもあります。このようなことから看護師が仕事をするうえで、一通りPCについての知識があるほうが良いと言えるでしょう。