IT化が進んでいる医療機関で働く

IT化が急速に進んでいる医療機関の数は年々増加しており、都市部を中心に勤怠管理だけでなく、看護業務の一部にパソコンやスマートフォンを使ったシステムを導入しているところも増えています。特に、通常の看護業務だけでなく、カルテや患者の個人情報の管理などの事務作業が多い職場においては、IT化を図ることで業務をスピーディーに行えるようになります。

また、中高年層の看護師の中にはIT化に対応するまでに時間が掛かる人も少なくありませんが、外部の講師による研修を行ったり、定期的に職場内で電子カルテなどの使い方について活発な情報交換をするなど、積極的な取り組みが行われている医療現場も目立ちます。医療業界におけるIT化の実情については、看護師を対象とした情報サイトや求人誌などでしばしば特集が組まれることがあります。そこで、各地の医療機関のIT化の進み具合にこだわりながら職場選びをしたい時には、早いうちから信頼のできる媒体を参考にすることがおすすめです。大人数の看護師が勤務している総合病院などでは、IT化の一環として、アプリを使って出退勤や残業の時間を入力したり、有給休暇の申請をウェブ上で行ったりするところも珍しくありません。

なお、就職活動を始めるにあたって、IT化のメリットやデメリットについて看護師として詳しく理解をしたい時には、実際に各地の医療現場で長く勤めている友人に相談をしたり、求人先に質問したりすると良いでしょう。転職エージェントなどを利用する方法もあります。