看護師がPCスキルを身につけるメリット

近年では、仕事を効率化させるために電子カルテを導入している病院が増えています。PCは苦手だし、自分には関係ないと思っている看護師の方もいるかもしれませんが、もはや他人事で済む問題ではありません。医療業界のIT化が進むにつれて、昔は手書きで行っていた作業でもすべてPCで行うようになってきているのです。そのため、看護師にもPCスキルを身につけていることが求められるようになります。

具体的にPCスキルが必要になる場面は様々です。まず、レントゲンやエコーの名前打ちは基本的にPCで行います。これは病院だけでなく、診療所やクリニックのような比較的規模の小さい職場でも同じです。さらに中規模以上の病院の場合、入院患者の病歴や入院時の身体所見や検査所見、入院中の治療方法といった退院サマリーをPCで管理していることが多く見られます。さらに、院内研究を行っている病院だと、発表のためにパワーポイントを使う必要が出てきます。表やデータをエクセルでまとめるスキルも必要になってくるでしょう。企業で専属の看護師として働いている場合でも、PCスキルは必要不可欠です。なぜならば、関係者とメールでやり取りをする場合が多いからです。社員の健康データをすべてPCで管理することもあるため、タイピングスキルも身につけておいた方が良いでしょう。

この他にも、会計事務や診療予約の管理・ファイルの共有など数多くのシステムを使いこなせる必要があります。看護師の中にはPCに苦手意識を持っている人も多いため、PCスキルを持っていることは強みになるでしょう。こちらの「看護師にPCスキルは必要?」というサイトには、看護師がPCスキルを身につけるメリットが書いてあるので読んでみてはいかがでしょうか。